今日もはなまる。

好きなものと告知とかをゆるゆると。

「プレフェミン」を飲んだ感想を書いてみる。

こんにちは、水無瀬です。

ちらほらたくさんの方に覗いてもらってるみたいで、嬉しいです。ありがとうございます。

 

今回は題名通り、プレフェミンを飲んでみた感想です。

どういう薬なのか、飲んでみるとどんな感じなのか、私が思ったことと感じたことを書いていこうと思います。

私が飲み始める前に飲んでみた感想とかを検索で探したのですが、見当たらなかったので…(検索能力不足なのかもしれませんが)

もし、プレフェミンが気になっているという方、これを読んで自分が当てはまるなと思った方の参考になればいいなと思っています。

 

⚠注意事項⚠

この先は大変デリケートな話題や単語を含んでいます。

気分を害されたとしても責任を取ることはできません。ご自身の判断で閲覧下さい。閲覧した後のクレームは受け付けておりません。

また、ここに書いていることは水無瀬の体験、意見ですので公的な機関等とは一切関係ありません。必要ならば医療機関を受診し、専門の医師に相談してください。

薬はその人によって合う合わない等の個人差がありますので、この記事は一つの体験談、意見としてとらえ、参考程度にして頂ければと思います。

あくまで体験談、意見ですので鵜呑みにしないようにお願いいたします。

自己責任で閲覧下さい。

 

 

 

 

プレフェミンとは、「PMS治療薬」です。

PMSは最近になって少しは認知されるようになってきたかな~と思うのですが、「月経前症候群」のことです。

PMS月経前症候群)についてわかりやすく説明すると、生理前にとてもイライラしたり、なぜかわからないけどネガティブになってしまったり、むくみが酷くなったり…生理前に起こる、心や体の不調のことです。

私はかなりPMSが酷いほうで、少しずつ自分のできる範囲で(重要)改善していこうと行動してきました。イライラしてる時は部屋にこもってゆっくり休むようにしたり、体を冷やさないようにしたり、薬は痛くなる前に飲むようにしたり…

けど、それなら病院に行けばよくない?と思ったり、言われると思います。ですが病院にしょっちゅう行ける暇なんて、あるわけないじゃないですか。

病院が開いている時間も曜日も決まっている、会社員なら毎日8時間働いている、休みの日は平日できないこと(家事や買い出し諸々)をしたり…日本人は本当に忙しいですよね。有給だってみんなにあるわけじゃない。あったとしても取れない時もある。

職場というか、周りや上司が理解を示してくれるのならば行けるかもしれません。けれど、それは日本だとかなり少数だと思うんですよね。確かに日本の企業でも生理休暇がもらえる企業が増えてきてはいますが、まだ「イライラするのは、生理痛は病気じゃない」って意識みたいなのがあると思います。(実際に言われたことがあるので)

私の場合ですが、職場が女性が私一人でシフト制なので余計休みにくいです。まず生理休暇ないんですけどね!あるところが羨ましい!!

なので、自分のできる範囲で改善しようと思っている訳です。(もちろん、少しでもおかしいなと思ったら病院に行きます。)

その改善の一つが、プレフェミンになるという感じです。

 

 

前置きが長くなってしまいましたが、私の生理前の症状は大体こんな感じです。

・予定日の2週間ぐらい前からだんだんと気分が沈みがち、ネガティブになる。

・予定日の1週間ぐらい前からイライラが酷くなる。(少しのことでもイライラしてしまう。)

・予定日の1週間ぐらい前から怒りっぽくなる。

・予定日の2週間ぐらい前から少しずつ気持ち悪くなってくる。1週間ぐらい前からはさらに酷くなる。(えづくだけの時もあれば、吐く時もある。)

・顔にできもの(というより、吹き出物)ができる。

・予定日の2週間ぐらい前から食欲がなくなる。(逆に食欲旺盛になる時もある。)

・予定日の2週間ぐらい前からお腹が痛くなる。1週間ぐらい前からはさらに酷くなる。

自覚しているだけでもこんなにあるのか…と自分でも驚いてます。

 

次に、生理中の症状は大体こんな感じです。

・4日目ぐらいまで生理前からの気分が沈みがち、ネガティブになるのが続く。

・4日目ぐらいまで生理前からのイライラが続く。

・4日目ぐらいまで生理前からの怒りっぽさが続く。

・3日目ぐらいまで食欲がなくなる。(逆に食欲旺盛になる時もある。)

・1~3日目までお腹の痛みが酷い。(具体的に言うと、起き上がれない。)

・貧血(ゆっくり立ち上がっても倒れることがある。)

書き出すとわかるんですけど、生理前からの症状をズルズルと引きずって、段々と消えていく感じですね。こんなの月1で来てるとか…考えただけで憂鬱です。

自分が自覚しているのだけ書いているので、もっと症状があるのかもしれませんが、とりあえずこのぐらいにしておきます。

 

 

生理前、生理中の症状のせいで学生時代なら課題もままならず、社会人になってからは仕事もままならない感じです。

休むのも、体を温めるのも必要だけど、もっと何かできないか、改善できないかと思っていろいろ調べてみました。

そんな時に「そういえば命の母ホワイトって薬、こういうのに効くんじゃなかったかな…?」とふと思い出し、調べてみたら公式サイトに『生理前~生理中の諸症状に』と書いてあったので、早速購入して飲んでみました。取り扱あっている店舗が多くていいですね、命の母ホワイト。

飲んだ感想というか、結果は端的に言えば、説明書にある副作用の中の一つの腹痛を起こしました。

生薬なので体質に合わなければ副作用が出るのはわかっていたので…体質が合えばとてもいい薬なのだと思うのですが、こればかりは仕方ないと飲むのをやめました。私の場合は大体、1週間経ったころからだんだんと腹痛に襲われるようになってきたので、もし命の母ホワイトを飲んでいて少しでも違和感を感じたら飲むのをやめる、酷い時は医療機関に行きましょう。

飲むのをやめた後、他に何かないかと探して行き着いたのが、プレフェミンでした。

公式サイトを見てみると、私に当てはまることばかり…「買ってみよう!」と思ったら、薬剤師さんに相談しないと買えない薬、要指導医薬品ということ。公式サイトに取り扱っている薬局やドラックストアの一覧があるので、助かりました。

ただ、近くに売っている薬局、ドラッグストアがない場合はどうしたらいいんだろうと少し不安になったり。Amazon楽天で検索かけても取り扱いがないので。私の場合は幸い、近所のドラッグストアが取り扱ってくれているので、安心です。

 

 

私の場合ですが出かける用事があった際に、近くに取り扱っている店舗があったので購入してみました。

流れ的に薬剤師さんに「プレフェミンを買いに来ました」と伝えて、薬剤師さんに「初めてですか?2回目以降ですか?」と聞かれます。

買うのが初めてだったので、その旨を伝えると簡単に言えば問診票みたいなもの、購入前チェックシートを渡されました。プレフェミンの公式サイトにその購シートがあるので、確認してみて下さい。

注意事項などを説明され、その後購入となります。

30錠、約1か月分が1800円、2000円以内で買えるのってとてもありがたいことですよね。

 

 

実際に飲んでみた感想なんですが、現在(2017年10月の時点で)飲み始めて2か月目後半(薬が2シート目後半)なのですが、生理前の気分が沈みがちやネガティブになる症状、イライラ、怒りっぽくなる、吐き気、食欲不振が以前に比べてかなり軽くなってました。

1か月目(1シート目)はそんなに効果を感じなかったのですが、漢方と同じで飲み続けることで効果が出てくるんだなと思いました。

少しイライラしたり、吐き気はあったのですが、今までと比べて全然軽かったので本当に驚いたのと同時に、嬉しかったです。

イライラして周りに当たってしまうのって申し訳ないじゃないですか。私はそこに当たったことを自己嫌悪するというのが加わるので、余計に質が悪い。もともとネガティブっていうのもあると思うんですけど。それが少しでも改善できたっていうのが、とても嬉しいです。

体調的には今のところ崩すこともなく、副作用が出ることもなく過ごしています。

薬に頼りきりになるのでなく、食生活や生活習慣を見直すのも大切なのかなと思いますが、それでも改善されたっていうのは、本当に嬉しいですね!

 

前置きばかりが長くなってしまって感想短いかな…と思うのですが、少しでも参考になればと思います。

prefemin.jp

購入した時に薬剤師さんに「この薬知らない人多くて、PMSが酷くてすがる気持ちで買われる方が多いんですよね」と言っていたので、多くの方が知ってくれればいいな~と思います。

 

 

長々と失礼しました!