今日もはなまる。

好きなものと日々の記録。

アートとデザインの話。

「アートは質問や問題提起、投げかけ。

デザインは解答。」

 

中学生時代、とある人にそんな風に言われたことを覚えています。

当時は「ふーん」としか思っていませんでしたが、今思い出すと、デザインとイラストを学び、クリエイターとして働いている今は、全くその通りだなと思います。

 

アートは作者の気持ちを表現したり、疑問を投げかけたりするための一つの手段。

デザインは伝えたいこと、例えば、「こんなイベントをやるから来てね!」と言った答えを明確に示すための、一つの手段。

 

一緒のようで、違うんですよね。

以前Twitterで、「絵を描けるデザイナーは多いけど、デザインができるイラストレーターは少ないよね」というツイートを見かけました。

その通りですが、表現方法や表現したいものが違うので、仕方がないかも…と思ったりします。

ですが、デザインは勉強すれば身に付けられるものだと思うので(私がそうでした)、興味があるならば挑戦することをおすすめします。

絵はもう、描くしかない…と思ってます。描いて発表する。それで私も少し上達したと思ってます。(昔の絵を見て悶絶する)

 

アートとデザイン、どちらにも作者はいますが、アートは見る人それぞれに感想や感じ方があって、面白いなと思います。違うからこそ、それぞれのよさがあるからこそ、おもしろいのだなと。

 

クリエイターとして生活している今、苦しいこと(リテイクが多い、アイディアが出ない…とか)もかなりありますが、それでも楽しいのでクリエイターの職に就いて、学んでよかったな~と今ではすごく思います。

それでも時々、すごく仕事を投げ出したくなりますけどね!!