今日もはなまる。

好きなものと日々の記録。

おたくに「色抽出」は楽しいよ!!というお話。

「色抽出」を知ってる人、手を上げて~~~!!!!!!!

\はーい!!/

簡単に説明すると「色を抽出する」ということです。言葉通りです。

いろいろな形がありますが、大体こんな感じです。

f:id:minase_yoru:20180302174115j:plain

この形、デザイナーさんやイラストレーターさんは馴染み深いんじゃないですかね?「見たことある!」みたいな感じの人もいるんじゃないかな~と思います。

私の場合は専門学生時代のカラーコーディネートという授業を思い出して、一人で「ウッ…(致命傷)」となってます。作るたびに…致命傷を負う…無理ゲー…

(デザイナー・イラストレーターさんはこれを「色抽出」ではなく、イメージカラーとして作っていると思いますが、それは今回は置いておきます。)

今回は4色ですが3色だったりいろいろします。人によります。多分。その理由は説明してると長いし、今回書きたいものと違くなってしまうので、興味のある方は各自で調べてどうぞ。そのまま色彩士の資格を取ってしまえ。(私は勉強中。学生時代に取っておけばよかった…と後悔中。)

 

色抽出はオタク(アニメ・ジャニーズ等問わず)が楽しめるなと個人的に思ったので、今回紹介したくてこの記事を書いています。題名通りの話です。ここまで書いたらもう察してしまう人もいると思います。

そう、「推しの画像から色を取る」って遊び()です。上に載せた画像も私の推し、黄瀬涼太から抽出した色です。

私の場合ですが、メインカラー(一番大きい色)は知っている人ならわかる、そのキャラのイメージカラーを配置します。黄瀬涼太の場合は黄色ですね。ちなみにただの黄色でなく、画像から色を抽出します。(公式が望ましい。)

なぜ抽出するのかというと、自分が思っている黄色と人が考えてる黄色が違うからです。

という感じで、どんどん色を取っていきます。

黄瀬涼太の場合、メインカラーの黄色の他にユニフォームの色(バスケマンガなのでユニフォーム着てる画像にしてます。)、肌や目…といったところからどんどん抽出します。

ただひたすら抽出します。

複数の画像を用意してやるとさらに楽しいかも。(人による)

 

そしていい感じに並べたりして、SNSのアイコンやヘッダーに使おうぜ!

実際にやってるけど、分かる人は分かるかも…って言うのがとても楽しい。

作りようによってはスマホやパソコンの壁紙、iPhoneケースの柄とか…いろいろ幅広がります。楽しい。

 

というわけで、みんなやってみてね。